下記よりご覧ください。

第7回 「共感とテクニカルコミュニケーション」(2016.3.26)