テクニカルコミュニケーション(TC)に関する学術的な研究会を開催

第2回 TCの学術領域と教育、トレーニング(2012.10.6)

  • HOME »
  • »
  • 第2回 TCの学術領域と教育、トレーニング(2012.10.6)

情報通信技術の継続的な発達により、テクニカルコミュニケーション(以下、TC)の重要性がますます高まっています。この中で、TCを学術的研究に位置づけ、確かな知見に基づいた、よりよいTCを提供する必要があると考え、TC学術研究会を企画しました。

第1回は2012年3月3日に東京で開催し、第2回は10月6日に京都で行いました。多数の方にご参加いただき、誠にありがとうございました。

写真集はこちら

日時・場所

2012年10月6日(土)
13:30~16:30

京都キャンパスプラザ(大学コンソーシアム)2階第1会議室
(JR京都駅から、すぐ。アクセス)

プログラム

「eラーニングを使った文章表現授業」

冨永敦子(早稲田大学)

「大学向けのTC専門課程の開始」

高橋尚子(TC協会・國學院大學)

「テクニカルコミュニケーションに関連したデジタルドキュメント技術の動向」

今村誠(デジタルドキュメント研究会主査・三菱電機株式会社)・高橋慈子(デジタルドキュメント研究会幹事・株式会社ハーティネス)

パネルディスカッション

「TCの学術領域と教育、トレーニングを議論する」

参加費

2,000円(資料代、研究会準備費用として)

※研究会当日、現金にてお支払いをお願いします。釣り銭のないように、ご協力をお願いいたします。領収書が必要な方は、当日お申し付けください。

懇親会

17:00~19:00

会場隣接のティールーム

参加費:2,500円

※懇親会からのご参加も歓迎します。(受付終了)

定員

50名

 

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.