テクニカルコミュニケーション(TC)に関する学術的な研究会を開催

第4回 よりわかりやすく、より活用できる、技術文書の作成、利用、運用(2013.12.14)

  • HOME »
  • »
  • 第4回 よりわかりやすく、より活用できる、技術文書の作成、利用、運用(2013.12.14)

TC学術研究会では、この度、下記の要領で、第4回研究会を開催しました。

これまで、東京で2回、京都で1回、会合を持ってきましたが、今回は、中間地点の名古屋であり、関東からも関西からも参加しやすくなりました。

共催

名古屋大学 大学院情報科学研究科 附属組込みシステム研究センター

日時

2013年12月14日(土)
13:00から16:30

場所

名古屋大学 情報基盤センター4階演習室(名古屋市千種区不老町)
名古屋大学東山キャンパス
情報基盤センター

プログラム

12:40から13:00 受付
13:00から13:10 開会挨拶
13:10から13:50 発表1
清水義孝(株式会社クレステック)
「海外マニュアル事情とコミュニケーションツール作成事例」
13:55から14:35 発表2
山本雅基(ASDoQ・名古屋大学)
システム開発文書のライティング力を高める試み
「-日本語スタイルガイド第2版」を参考にした例文作り活動-」
14:40から15:20 発表3
阿部圭一(静岡大学名誉教授)
「情報伝達型の日本語文章・文書にたいするガイドラインの策定に向けて」
15:20から15:30 休憩
15:30から16:20 パネルディスカッション
「ライティング力向上のための対策
―いま,できることは何か―」
16:20から16:30 閉会挨拶

参加費

1,000円(資料代、研究会準備費用として)

※研究会当日、現金にてお支払いをお願いします。釣り銭のないように、ご協力をお願いいたします。領収書が必要な方は、当日お申し付けください。

懇親会

17:30から19:00

参加費:5,000円を予定

風来坊 センチュリー豊田ビル店

※懇親会からのご参加も歓迎します。
※予約の都合上、12月10日までにお申し込み/お問い合わせフォームからお申し込みください。

定員

50名

写真集

20131214_134147 20131214_135009 20131214_145041 20131214_155721 20131214_160731 20131214_161835 20131214_173901

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.